face
新着情報

第1回教育フォーラム2015

(2015年06月12日)  カテゴリー:教育フォーラム
保護者の方との応対マナー 〜心を伝える言葉の遣い方〜

保護者の方との応対マナー 〜心を伝える言葉の遣い方〜

 6月12日(金)ファッションデザインセンターにおいて、第一回教育フォーラム2015を開催しました。
 昨年度に引き続き、講師に水田有美子さんをお迎えして、「保護者の方との応対マナー〜心を伝える言葉の遣い方〜」と題して講演をしていただきました。
 はじめに、言葉『遣い』という漢字の持つ意味について触れ、マナーの本質は、相手の立場に立つこと、相手の立場に立って『思い遣り』の心を表現することであることを教えていただきました。
 次に、相手のことを気遣う気持ちを伝えるのに有効な表現について話していただきました。「否定表現」ではなく、「肯定表現」を用いた方がよいことや、「…ください」という言葉ではなく、相手にお願いをする「依頼表現」を用いると相手に好感をもっていただけるということでした。また保護者との応対に有効な、「クッション言葉」を含んだ構文を紹介していただき、実践を通じてその効果を実感しました。
 『「馴れ馴れしい」と「親しみやすい」の境界線』というお話は、少しの差で、保護者に与える印象が大きく変わるのだと、気付きの多い内容でした。
 最後に、クレーム対応時に気をつけたいことを、避けた方がよい言葉や、有効な動作とともに紹介していただきました。
 多くの実践を通じて、その効果を体感し、今後の応対に生かしていくことができる、実りの多い時間でした。

詳しくはこちらから

第1回教育フォーラム

(2014年09月10日)  カテゴリー:教育フォーラム
第1回教育フォーラム

第1回教育フォーラム

六月十三日(金)尾西グリーンプラザにおいて,第一回「教育フォーラム2014」を開催しました。
講師に水田有美子さんをお迎えして,「保護者の方との応対マナー〜おもてなしの心を込めて〜」と題して講演をしていただきました。
 はじめにキャビンアテンダントの例を挙げ,『おもてなし』とは,相手の希望をいち早く察知して対応し,相手の期待を上回る評価を得ることだと教えていただきました。そしてそれは学校現場でも同じであり,保護者の潜在的願望(ホットボタン)を察知して対応することが大切だと言われました。
 次に,この『おもてなし』をするために一番大切なことは,おもてなしをする側の私たちの心の状態管理がしっかりとできていることだと教えていただきました。プラスの言葉が出てくるようになるために,普段の生活の中で意識的に心をプラスの状態に保つことの大切さを学びました。
 そして最後に,『おもてなし』の実践方法を教えていただきました。第一印象がその後の評価にもずっと関係してくるため,第一印象の見た目の重要性を説かれました。その見た目をよりよいものにするために,姿勢・表情・声の高さ・お辞儀の仕方など,基本動作から普段気にしないような細かい動作まで教えていただきました。
多くの実践を通してその効果を体感し,今後の対応に生かしていくことのできる一時間半でした。

詳しくはこちらから

第2回教育フォーラム

(2013年11月11日)  カテゴリー:教育フォーラム
第2回教育フォーラム

第2回教育フォーラム

 11月8日(金),ファッションデザインセンターの展示ホールで,第2回教育フォーラム2013を開催しました。
 講師に長谷川満先生をお迎えし,「子どもの意欲を引き出す『プラスの問いかけ』」と題して,講演いただきました。
 講演の最後には,ミスチルの「GIFT」の曲にのせてお一人お一人にそれぞれ違った詩をプレゼントしていただきました。

詳しくはこちらから

5ページ中3ページ目を表示(合計:13件)
[前のページ次のページ] [1] [2] [3] [4] [5]


  • 健全育成の会
  • 教育フォーラム
  • 文化講演会
  • メンバーページ