第2回教育フォーラム2012

2012年11月17日
心と心をつなぐ実践マナー講座

心と心をつなぐ実践マナー講座

 11月16日(金)17時55分よりファッションデザインセンターで,第2回教育フォーラム2012を開催しました。
 講師に水田有美子さんをお迎えし,「心と心をつなぐ 実践マナー講座」と題して講演をしていただきました。 
 はじめに,「エレベータースピーチ」を行いました。これは,30秒間で自己紹介をするものです。30秒間とは,電話で相手が集中して話が聞ける時間だそうです。伝えたいことを明確に話す大切さを学びました。会場内は,参加者が,にこやかな表情で自己紹介をする姿が見られ,雰囲気が和みました。


保護者の方とのコミュニケーションをとるうえで大切な要素

保護者の方とのコミュニケーションをとるうえで大切な要素

 次に,水田さんの体験を交え,人と接するときには,相手のことを思うことが大切だと話されました。
 第一印象が大切で,人は,3秒ほどで印象づけるものである。視覚から受ける印象が55%で,顔の表情から身だしなみ,立ち振る舞い,雰囲気の順で感じ取っていく。次は,聴覚から38%受ける。声の高低,話すスピード,かつ舌がポイントである。最後の7%が言葉遣いである。
 しかし,電話では,聴覚と言葉遣いで第一印象が決まる。否定表現を使わないことやビジネス敬語などの話し方のコツを教えていただきました。


参加者の声

参加者の声

☆ 知らないで過ごしてきたことに後悔しています。教師としてというより人間として当然,心得ておかないといけないことを分かりやすく教えていただき感謝しています。
☆ 外見や表情で受ける印象がこんなに変わるものだということに驚きました。体験型の講演で難しく構えていましたが,とても楽しく学ぶことができました。
☆ 水田先生ご自身がたいへん明るい表情,明るい声で話されていたので,私もそのように話したいと思いました。本日学ばせていただいたことを生かし,保護者への応対に取り組んでいきたいと思います。



  • 健全育成の会
  • 教育フォーラム
  • 文化講演会
  • メンバーページ