■■健全育成の会■■

2011年10月05日

 7月23日(土)、一宮ファッションデザインセンターにおいて、約300名もの教師や保護者が参加し、「健全育成の会」を開催しました。
 あいさつの中で、石原執行委員長は、「保護者の方と教師は、立場は違っても子どもたちに、健やかに育ってほしいと願う気持ちは同じである。本日の会を通して、子どもたちの健全育成について、ともに考え、そして、ともに理解し合い、家庭、地域、学校が一体となって取り組んでいくためのよい機会としていだだきたい。」と述べました。


続いて、一宮市小中学校PTA連絡協議会の森幹昇会長が「今、問われているのは家庭である。親として子に向きあわず、権利だけを主張するのはいかがなものか。なでしこJAPANのように、フェイス・トゥ・フェイスで向き合っていくことがぬくもりある家庭づくりにつながり、子どもたちの健全育成につながると考えている。」とあいさつをされました。


 それから、本日のテーマが提案された後、5名のコメンテーターの方々より体験談をもとにした発表がありました。その後、10名ほどの小グループに分かれ、協議を行いました。最後に、愛知県総合教育センター相談部・教育相談研究室・研究指導主事の佐藤振一郎先生より、ご助言をいただきました。終始和やかな雰囲気の中、会が進行しました。



  • 健全育成の会
  • 教育フォーラム
  • 文化講演会
  • メンバーページ